tsMuxeRを使ってBDISOからtsファイルを無劣化カットする

フリーソフト
スポンサーリンク

tsmuxerはBlu-rayのオーサリングソフトとして有名だが、使い方によっては少し違う使い方もできる。BDISOの中身はm2tsファイルだがこれをエンコードの過程をとることなく無劣化でカット出力してみる。

isoからm2tsファイルを見つける

目的のisoをダブルクリックするとこのようなフォルダが出てくる

tsm1

さらにBDMVをクリック

bdmv

その中からSTREAMを見つける。たいてい、この中に動画ファイルが存在している。

stream

このようにいくつかの分割されたm2tsを見つけることができた。

次はこれらをカット編集してみよう。

tsMuxeRの使い方

tsファイルを無劣化で編集できるソフトといえばTSSniperやAvidemux、Murdoc CutterなどがあるがこれらではBDISOの中身であるm2tsファイルはまず、動作しない。筆者も試してみたが全て全滅だった。

そこでBlu-rayに特化したtsMuxeRの出番だ。

ここからダウンロードサイトへ行き、自分のOSにあった最新版を落とそう。

zipを解凍し、tsMuxerGUI.exeで起動。

tsMuxeR.exeではなくtsMuxerGUI.exeを選ぶ。
Input filesにカットしたいtsファイルをドラッグ&ドロップし読み込ませた後、Split&cutタブを押す。
その後は画像のように編集し、出力。
tsmuxeredit

時間指定は少々大変だが、再生ソフトなどを見ながら行おう。

Ts muxingとM2TS muxingは別にどちらを選択してもよい。結局中身は同じなので。

 

こうすることでバカでかいisoファイルから必要なシーンだけを無劣化で抽出することが出来た。

無劣化にこだわらなければ、Handbrakeなどでmp4にエンコしもう少し簡単にカットが出来るだろう。

 

BDISOから必要な所だけを切り出し、元ファイルを消せばHDDの節約にもなるね!

コメント